そこに坐ってみることにした
10年ほど前の話だ。SNSを通じて「是非とも会って話がしたい」と連絡を寄越した人がいた。なんらかの切迫した思いを感じる短い文面だったと記憶している。 その日、私は神戸は岡本の喫茶店でコーヒーを飲んでいた。10代の頃から通っている店なのだと呟いた直後にリプライが届いた。…
統合されるべき主体と疾患について
死のうと思っていた。ことしの正月、よそから着物を一反もらった。お年玉としてである。着物の布地は麻であった。鼠色のこまかい縞目が織りこめられていた。これは夏に着る着物であろう。夏まで生きていようと思った。…
果たされなかった期待の大きさの行方
街を歩いていたらフランス人に道案内を請われた。フランス語は自己紹介くらいしかできないので、拙い英語でなんとか応対していた。こういうときは、明らかに日本語を話すのとは違う自分が立ち現れる。…
死者もまた生きている
胎と愛憎
See all

そこに坐るーjust sit there.